SEO
対策

2012-20XX

SEO対策の主な内容とは、検索エンジンでの検索結果の表示順位をいかに上昇させるかというものです。

各検索エンジンは、独自の基準により、登録された各サイトを評価しています。
そしてユーザーからのキーワードに対して、評価の高い順に表示しているというわけです。
具体的にどのようにサイトを評価しているかは公表されていません。

しかし、これまでの経験や、禁止事項から逆算してある程度の方法が確立されています。
これは各SEO対策会社がノウハウとして持っているものでもあります。

その一部を明かすとするならば、 そこにはサイト内部の要因も大きく作用しますが
第一段階として、SEOとして特に重要なのがキーワードとのマッチングです。

キーワードとのマッチング

先ほども述べたように、見ず知らずのあなたの会社名をいきなりキーワードとして入力することは不可能です。
そこで、取り扱い商品など、ユーザーがあなたのサイトにどのようなワードを辿ってやってくるのかをマーケティングする必要があります。

その上で、ターゲットとするキーワードを設定し、サイト名にも組み込むことができると効果的です。
自分のサイトに適切なキーワードをまずは探すことが重要だともいえます。

Web製作をした場合、上位表示をさせるためにseo対策をすることになりますが、
このときとても競合が強くて上位表示させるのが難しいビッグキーワードではなく
ロングテールキーワードを狙うことをおすすめします。

ロングテールseoでは、単一のキーワードだけで上位表示を狙うのではなく、
関連する様々なキーワードで上位表示を狙うことです。

この場合ひとつひとつのキーワードは検索数が少ないのですが、かわりにキーワードの種類は非常に多いです。
なぜこの方法がいいのでしょうか。

幅広いユーザーを獲得することができるうえに、種類が多いため競合ともぶつかりにくいです。
そのため比較的簡単に上位表示させることもできます。

これがWeb製作におけるロングテールseoです。
無理をしてビッグキーワードを狙うのに多くの労力と時間をかける必要はないのです。

複数のキーワードを組み合わせる

たくさん労力をかけても、効果がなくてはがっかりですね。SEO対策自体も、本業のサイトのアクセスや
売り上げを上げるためのひとつの手段なのですから、できるだけ少ない労力で、効果が上がるようにしましょう。
こういう有益な情報はネット上でもたくさん得られますので、積極的に活用していきましょう。

 

SEO対策の目的   効果   リスティング広告   キーワード   検索サイト   ECサイト   インターネット広告   メリット・デメリット   ホームページ   費用   コンテンツ   便利なツール   正しくリンクを貼る   キーワードマーケティング   クリック率を上げる   アクセスアップを図る